こだわりのフロントガラスでワンランク上のカスタムを!



      このエントリーをはてなブックマークに追加

フロントガラスを交換するならJISマークの商品を

フロントガラスをカスタムするなら、安全保障のJISマークがあるものをお選びください。なぜJISマークが大切なのか、詳しく説明していきましょう。


JISマークとは

そもそもJISマークというのは、登録認証機関から認証を受けた業者に与えられるものです。その業者が制作した商品にJISマークがつけられます。加工技術と鉱工業品、特定側面ごとなどによってマークにそれぞれ違いがありますが、JISマークがついているということは、安全基準をクリアした製品という証になります。当たり前のことですが、認証を受けていないのにウソをついてマークを表示させることは法律で禁止されています。ですから、JISマークが表示された商品は安心できるというわけです。


なぜJIS規格認証が必要なのか

自動車のフロントガラスを交換するとき、「ただ見た目がいいから」、「格安でお手ごろ価格だったから」という理由で安全面をまったく無視した場合どうなるでしょうか。天気が悪くて撥水効果が低ければ視界が悪くなりますね。天気がよくても太陽の光が反射することで眩しくなり、一瞬目をそらしてしまうという危険性も高くなります。ところがJISマークが表示されているフロントガラスであれば、厳しい基準をクリアしているため、高い安全性が期待できるわけです。規格認証を取得しているわけですから、車検の取得も可能ですし、日本の法律を守って車を運転することになります。フロントガラスの購入や交換の前に心配な場合は、JIS規格の承認番号を確認したり、保安基準に適合しているかどうか証明されているカードを確認するといいでしょう。


ABOUT

運営者
J.E.T CAR CUSTOMIZE
免責事項
当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。